まだイケる! │ 人生を1mm良くする雑記ブログ

主にスピード感と自己満足で繰り広げるスタイリッシュ雑記ブログです。

まだイケる!

「パシフィック・リム」好きなら是非吹き替えで!「パワーレンジャー」ネタバレ感想

 

映画「パワーレンジャー」ネタバレ感想

 

王道を征くストーリーで無難に面白かったけど、ちょっと人間ドラマ長すぎかな!CGは良かったよ!ごめん、いきなり。どうも、Naonosukeです。

 

 

声優好きなら是非吹き替えで!「パシフィック・リム」好きも是非吹き替えで!

 

先日(2018年5月11日)に地上波で「パシフィック・リム」が放送されてましたよね。

いやぁ〜、パシフィック・リムって何度観ても熱くなれる映画ですよね!ロボットの浪漫を凝縮したような映画ですね。

 

本家制作陣はあんまり「パシフィック・リム」の事意識してるなー感は無いのですが、吹き替えのメンツを見てると、あ〜パシフィック・リム意識してるんだろなーと感じます。

JAPANESE VOICE CAST - 映画『パワーレンジャー』公式サイト

 

杉田さんとかまんまじゃんって感じ。でもなかなか良い味出してくれてます。

 

 

アメリカ王道と日本王道を融合したような映画

 

「スパイダーマン」のような落ちぶれた学生主人公が一発ヒーローになってスターになろうぜっていうアメリカの王道と日本の戦隊モノの悪いやつが現れたから戦うか、倒したか?いや倒してない、うわ巨大化したどうすんの?僕らも合体して戦おうぜ!正義は勝つ!という日本の王道を掛け合わせています。

 

違和感無く美味いこと融合しててその辺は良かったのですが、ちょっと人間ドラマ長すぎたかなーっていう印象。

「パシフィック・リム」みたいにバンバン怪獣が現れてバンバン戦いまくるストーリーなんかな?と思ってたら日本の朝7時半からやってる30分の戦隊モノの1話を2時間に引き伸ばしたようなストーリーでした。

 

戦闘メインとか思ってるとちょっと肩透かし食らうから注意です。

あと変身するのもほんとに最後の最後です。まどマギくらい変身するの遅いです。

 

それでも変身してからは、日本の戦隊モノのお約束をきっちり守り、なおかつCGを駆使した超迫力のある映像を観ることが出来るのでそれだけでお腹いっぱいになれます。

 

それまではティーンエイジャーの生きづらさとか、思春期特有の気難しさとかそういうのを扱った人間ドラマです。

 

あとボスが魔女的な奴なんですけど、アメリカじゃ悪のトップ=魔女みたいな方程式があるのかな?

日本で言う悪のトップ=魔王みたいな感じ?

 

まとめ

 

終盤まではひたすら人間ドラマです。人によっちゃ、かったるく感じるかも。

でも早送りしてでも良いから最後の戦闘シーンだけは観てほしいです。

マジ日本の戦隊モノをCG使いまくって超カッコよくしたぜ!みたいな映像だから。

 

あと制作会社が違うので当然ですが、海外ヒーロー物にありがちな「アベンジャーズ入れよ!」とか前作見てないからコイツ知らない!!!とかならないのも良い点です。以上です。