まだイケる!

スタイリッシュ雑記ブログです(多分)

まだイケる!

年収200万でも幸せに生きたいなら「チョイ都会」に住もう!

あとで読む

f:id:luna_jack21:20171227182232j:plain

年収200万男☆爆☆誕☆

 

やぁNaonosukeだよ。

みんな源泉徴収票は貰ったかな?私は今日貰ったよ。

 

どうせだから私の年収を公開しちゃうよ☆

 

f:id:luna_jack21:20171227181855j:plain

 

・・・

 

f:id:luna_jack21:20171227182627j:plain

年収200万男 爆☆誕

 

ははぁ〜ん、これが噂のワーキングプアって奴だな〜HA☆HA☆HA〜☆

って自分のことや〜い!!!

 

f:id:luna_jack21:20171227183043j:plain

何よりちゃっかり税金70万以上取ってるのがムカつくよね。

4ヶ月分くらいタダ働きしてるのと同じじゃんか。税金ってなんだよ(哲学)

 

使えるお金が120万っておまw使えるお金が120万っておまwおまw

 

おま?

 

とは言え幸せに生きています

 

f:id:luna_jack21:20171227183638j:plain

単純計算で月16万くらいの給料なのね。

そっから税金くんが無慈悲にも私の少ない給料から天引きしていくので13万円くらいしか手元に残らないわけです。

 

あぁ〜もう絶望やぁ〜〜〜〜

 

って思いきや、そうでもないです。十分幸せに生きられています。

貯金も30万円位できました。

 

私があまり物欲のない人間になったってのが大きな要因ですが、案外問題なく生きられるんだな〜って印象。

特に不自由なく暮らしてたからまぁ年収300万くらいあるんだろな〜と思ってたら源泉徴収票見て「あ、200万だったんだ」って始めて気付いた。

 

ちなみに今はこんな私ですが、去年までは給料を車・バイクのカスタムに全部入れちゃうような物欲の塊でした。

その時は年収も300万くらいあったんだけど、毎日お金無いわ・残業しまくりで苦しい日々でした。(今思うと残業しまくっても年収300万かよ・・・って感じですが)

 

「ファイト・クラブ」との出会い

 

でもある日「ファイト・クラブ」って映画観て

 

f:id:luna_jack21:20171227190243j:plain

映画「ファイト・クラブ」より

うん、若い頃のブラピカッコイイよね。って関係ない。

 

このセリフが妙に心に刺さって私の人生変えた。マジで。

たった一言のセリフでって思えると自分でも信じられないんだけど、「ファイト・クラブ」観た翌月に車もバイクも全部手放して買うだけ買って滅多に着ない服とか靴とか全部捨てちゃって多分持ち物半分くらい失くしちゃった。

 

そこで気付いた「うわ〜自分、持ち物を維持するために働いてたんだ」って。

私はクッソ仕事嫌いで、出来れば働きたくない人。ってみんなそうか。なんだけど、皮肉にも物を持ちすぎたせいで嫌な仕事をせざる得ない状況を作り出してたんですよね。

「いくら働いても報われないんだけど、どうなってんの?」とか思ってたけど、その状況作ってたのは自分だってオチです。笑えない

いっちょまえにローンとか組んでモノ揃えて「ブラック企業辛い・・・辞められない・・・」なんて言っても自業自得だよね。

 

当時は物を「守る」ために働いてたけど、今は金を掛けて守る物が無くなったので自分の人生を良くするため、「攻める」ために働いています。

 

多分この先も頑張れば年収200万でやっていけるとは思うんですが、やっぱお金に関する不安ってのがよぎるんですよね。

病気とか不可抗力的なやつからも身を守りたいし、今はまだする気持ちがないにしても結婚、出産・育児をお金がないって理由で諦めたくないしね。するかどうかは別にして出来る余裕は持っておきたい。

 

でもやっぱりそれを「残業休出がんばりまーす」で補いたくない。だって働くの嫌いだし。何より一生楽になる気がしないし。

いやまぁそれも手段の1つだとは思うけど、最終手段にしたい。安易に選びたくない。

 

関連記事 20代後半へのカウントダウンを感じてきた。年収とか生き方とかすごい不安。

 

鉄道が便利な「チョイ都会」住みのススメ

 

f:id:luna_jack21:20171227191742j:plain

最後にお金を消費しない生き方で重要なのが車を持たないこと。

 

私は元々田舎の人間で車が無いと生活がままならないような所に住んでいました。

だから免許取れる年齢になった自動的に車をローンで買って・・・みたいな感じでした。

 

でもね、車ってめちゃクソ金食い虫なのよね。

当時田舎に住んでいた時、月に燃料代2〜3万は飛んだし、自動車保険で月2万くらい飛んだ。

自動車保険って若者に対してめちゃくちゃボッタクって来るよね。私一度も事故起こしてないけど何で同じ等級のオッサンの3倍以上も払ってたの!?ってレベル。

 

あと車のローン(3万くらい)、車検代(1年で3万ほど)、タイヤ・オイルなどの消耗品(1年3万くらい)

 

もうこれだけで年50万以上飛ぶよね。年収200〜300万しか無いのに50万以上も掛けてたら普通にヤバいよね。

「若者の車離れ」じゃない、搾取されてることに気付いた「若者の搾取離れ」だよって言いたい。

 

そんな車を持つことが当たり前だった私が今年京都に移住したの。ちょい南のほうだから中心街からは離れてるよ。

でも、鉄道は便利だし近くにスーパーあるし車なんて必要ないのね。

 

車無くても生きていける!!!ってのは大きなカルチャーショックだったんだけど、浮いた50万円で家賃払ってもお釣りが返ってくることにもカルチャーショックを感じた。(中心街から離れてるから家賃が安い)

 

田舎に住めばお金がかからないなんて嘘です。車でめちゃくちゃお金かかります。

逆に都会は都会で家賃とか物価の関係があるから、それはそれでお金が掛かるのかもしれません。

 

だからこそ私は「チョイ都会」に住むのを超推したいです。

車が要らなくて、家賃が安い、物価も高くない。三拍子揃ってます。

 

「チョイ都会」の定義は安いスーパーが近くにあって鉄道駅が近い町です。私の住んでいる京都南部とかまさにそうです。

 

年収200万でも幸せに生きたいなら「チョイ都会」に住もう。

 

それで浮いて貯まったお金は今後の自分の人生を良くするために使いましょう。私はそうしています。

 

関連記事 もう遅い?まだイケる?初心者が10万円分仮想通貨買って感じたこと

(投資の練習として流行りの仮想通貨やってます)