まだイケる。

日々の雑記をスタイリッシュにまとめてます(多分)

最終章だぞコノヤロウ!「アウトレイジ 最終章」ネタバレ感想

あとで読む

Naonosukeだよ!コノヤロウ!

アウトレイジ最終章の感想書いていくぞコノヤロウ!

 

 

 

アウトレイジ最終章の感想

 

いやぁ面白かった。人間関係ゴタゴタすぎわろた。

でもね、ちょっと注意点があって前作2作をそこそこ理解している人なら楽しめるかな?

観に行く前に前作見て予習は必須だと思います。

じゃないと、ただのオッサン同士が揉めてるよくわからない映画だっていう感想になると思う。人間関係のゴタゴタを楽しむ映画だから人物の相関図をよくわかってないと間違いなく「なんだこれ」ってなる。

 

ちなみに前2作に比べるとかなりマイルドな仕上がりになっている。バイオレンスさがかなり減ってた。

流れ作業のように行われていた拷問が今作ではほとんどなくなっている。

痛々しくて見てらんなかったけど、「アウトレイジ」の代名詞的シーンだったからちょっと寂しいと思った。

1作目の黒人さんとか生きてんのかな?

 

あとやっぱ西田敏行怖い。探偵ナイトスクープとか釣りバカ日誌の人とは別人かな??と疑いたくなる。

 

最終章だよ!コノヤロウ!

 

綺麗に物語を終えたな〜と私は思いました。

観終わった瞬間は何してるかわかんなかったけど、終わったあとに考察してみると「あぁ、そういうことなのかな?」と納得できました。

 

ヤクザの世界も変わり始めていて、昔ながらのヤクザは用無しになってきてる。

そんな中で昔ながらのヤクザの義理と人情を大切にして最後の戦いに挑んだ大友(ビートたけし)

戦いを終えた後は「自分は時代遅れのヤクザだし自分の居場所は無い」と悟って華麗に散っていった。

 

と勝手に解釈した(合ってるかわかんないけど)

 

最初この作品を知った時はビートたけしってお笑い芸人だし、ちょっとふざけた内容の映画なのかな?とか思ってたけどいざ観てみるとすげー面白い。北野さんマジすんません。

好きな作品が完結すると嬉しい半面、もう続きはないのか・・・と少しさみしい気分になるね。次回作に期待しましょう。

 

おわりに

 

あとアウトレイジが描くヤクザの世界って妙に生々しいよね。

フィクションだとは思うけど、どこかノンフィクションな気がするような気がする。

実際のヤクザもこんなことしてるのかな?とか思っちゃう。怖い。

あと警察無能すぎるだととも言いたい。

 

以上「アウトレイジ 最終章」の感想でした。

ぜひ、ご視聴の際は「アウトレイジ」1作目と2作目を観てから映画館へ行くことをオススメします。

その方が楽しめます。というか観ないと話についていけなくなる。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事