まだイケる。

日々の雑記をスタイリッシュにまとめてます(多分)

10年以上前ってこれマジ?「ひぐらしのなく頃に」を観た感想。

あとで読む

どうも、Naonosukeです。

今回はアニメ「ひぐらしのなく頃に」の感想を書いていきます。

 

10年以上前のアニメってこれマジ?

 

アマゾンプライムビデオでどのアニメを観るか迷っていたら目に入った「ひぐらしのなく頃に」

 

当時ニコニコ動画でやたらと流行ってたので名前こそ知っていたものの、内容は知らなかった。

てかそのニコニコ動画で流行っていた頃がもう10年以上前の話。つまり「ひぐらしのなく頃に」も10年以上前のアニメ。これマジ?

 

誰が私に時間感覚狂わせる薬とか飲ませた?

この「あ、もう10年か」現象をあと6〜7回ほど食らったら死んでしまうんで本当にやめて下さい。

 

名作はいつまで経っても名作だった

 

そんな10以上に前のアニメ、まぁ言うなら「古いアニメ」ですがいざ見てみると面白い。

流石に絵が古かったり、画質が悪かったりするけど、そんなの関係ない面白さがこの「ひぐらしのなく頃に」にはあったよ!

 

さすが当時話題になっただけの面白さはあるな。と思った。

 

「ひぐらしのなく頃に」の魅力

 

とは言っても第1話はただの日常パートで寒いノリで構成されていた。

正直私はアニメ特有の寒いノリが苦手で、「うわー、これハズレかな」とか思ってた。

 

まぁでも1話をだけじゃ分からないだろうなと思って2話を観始めたら・・・めっちゃ面白いやん。

すげぇホラーな展開になっていくの。ここで1話の日常パートが効いてきました。

ほのぼのとした平和な日常があるからこそ狂った日常がかなり際立ちました。

あとホラーといっても、幽霊が出てくるとかじゃなくて人間の狂気を描いてるの。何ていうか、フィクションだけどちょっと現実味ある感じが何とも言えない怖さを醸し出しています。

 

パラレルワールド

 

基本的に共通設定のもとで、様々な展開を追っていく物語となっています。

ギャルゲーでいうところの「ルート分岐」ってところでしょうか。

 

これがまた(あまりアニメを観ない自分からしたら)斬新だなと思った。

基本的に「編」ごとに違うパラレルワールドになっていくのですが、所々に世界観を知るための伏線が散りばめられていたりします。

 

のちのちの「目明し編」でその伏線が総まとめにされていって、うわぁあのシーンってそういう事かよおおおおお!!みたいな納得というか感動というか、アハ体験的な何かを感じました。

何ていうかすごい計算されたアニメだなって感じがします。

 

私は目明し編が一番好きです。 

先が気になり過ぎて週末使って完走しちゃったよ。てへぺろ。

 

「君の名は」と似ている。

 

去年観た「君の名は」とよく似てるな。と思った。

舞台のモデルも近くだし(岐阜県高山)災害とか起こっちゃうし、時間軸とか扱ってるあたり似てるなーと思った。あと主人公の容姿もどことなく似てるね。

 

これは「ひぐらしのなく頃に」のが先だから「君の名は」の方が多少影響されたんでしょうか。まぁ映画の世界ではよくある事だよね。

 

イマイチな点

 

すっごい面白いんだけど、ピークは目明し編までだったかな。

最後の罪滅し編も面白いっちゃ面白いんだけど、なんかややこしいし少し付いて行けなかった。

 

そして第一期も続編ありきな終わり方をしてくれています。

私は第一期しか観てないけど、そんな人からしたら意味不明な終わり方になっています。

 

第二期も含めたら50話くらいありそうなので、さくっと観たい人からしたら少し長く感じるかもしれませんね。それでも面白いけど。

 

さて、第二期観るか…

 

そう思いアマゾンプライムビデオで第二期を観ようとしたら配信されて無い。えっ?

あ、あぁ…一期しか配信してないのね・・・

ま、まぁ、お急ぎ便とかお世話になってるしええやろ。まだdTVで配信されてるやろ・・・(白目)

 

dアニメで配信されているらしい→お、dTV会員だからイケるね!→dTVとdアニメは別物です。月額払ってね。

 

えっ(半ギレ)

もうね、ブチギレナイト・フィーバーだわ。

ツタヤ行ってくる。

 

まとめ

 

とても面白いアニメなので私と同じように当時タイトルは知っているものの何故か見なかった勢の方は是非オススメします。

ほんと上手く作られた物語なので観ていて退屈することがありません。

 

あとちょっとメンヘラ入っちゃってる女の子が好きな人もオススメです。

思春期の頃を思い出すくらいみんな情緒不安定です。

 

以上「ひぐらしのなく頃に」の感想でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました!