まだイケる。

今日も頭から雑記をひねり出してるよ

栄光やめますか?人間やめますか?映画「日本で一番悪い奴ら」ネタバレ評価

どうも、Naonosukeです。

今回は映画「日本で一番悪い奴ら」の感想を書いていきます。

 

 

 

映画「日本で一番悪い奴ら」感想

面白いか・面白くないか・・・面白い!

 

彼女がレンタル店で借りてきた作品。

私は観るまであまり興味を持たなかった作品でしたが、観てみるとめっちゃ面白い!

完全に食わず嫌いでした。

 

警官の汚職を描いたストーリーとなっています。

映画の内容も面白く、考えさせられたのですが何より驚いたのは

実話を元にした映画って事です。事実は小説より奇なりとはよく言ったものです。

稲葉事件 - Google 検索

 

雰囲気としては日本版「ウルフ・オブ・ウォールストリート」と言ったところです。

こちらの映画は「タイタニック」や「インセプション」、「レヴェナント」でおなじみ

レオナルド・ディカプリオ様がシャブ決めてアヘ顔キメる映画です。

こちらも面白いので気になった方は是非どうぞ。

 

 

超ブラック企業、警察

 

うん、話がズレてしまった。「日本で一番悪い奴ら」の感想を書いていきます。

簡単に言うとこの物語は腐った警察官がありとあらゆる手を使ってのし上がる。

というストーリーになっています。

 

麻薬の検挙1件10ポイント、拳銃の検挙15点みたいな出来高制になっていて

毎月ノルマが課せられています。どこのブラック営業だよ。

上司も「結果を出したいから拳銃の検挙あと10件どうにかならない?」と

訪問販売感覚で拳銃を見つけてきてね★みたいなカオスな会話を繰り広げてきます。

(手段は問わず)拳銃を多く見つけた警官は出世できるという世界。

 

何がヤバいってこれが実話だという可能性が高い事ですよね。

まぁでも警察って体育会系なイメージ強いから

自然とそこらのバリバリ営業みたいになるのかもしれませんね。

 

小手先の栄光は破滅を招く

 

 

この作品はそんな世界に踏み入れたある新米刑事が主人公となります。

最初は戸惑うものの、いつしか裏世界と手を組んで警官としてのし上がっていきます。

束の間の栄光を得たあとは悲惨な結末を迎えることになります。

 

小手先で掴んだ栄光は続かない。そんな教訓の映画です。

 

しかしなんで栄光を掴んだ男ってみんな女に走るんだろう?

やっぱり女性を手に収めるってのは生物として優れているとアピールするための本能なのかな?

私からしたら異性を求める欲求ってただただ自分の人生を縛る呪いでしか無いと思う。

1人で十分だよ。

 

小手先の栄光で調子乗ったあとは堕ちていくのみ。

なんか観ててすごく可哀想っていう同情が湧いてきた。

あと悪事でのし上がっても他人に弱みを握られないか?とかいつかこれがバレるのでは?

とかいった心配に人生が縛られるので私はクリーンな方法で生きていきたいと思った。

 

映画としてのクオリティ

 

全体的にテンポが良く、笑える部分もあったので観てて退屈しませんでした。

気になった点を言うなら栄光を掴んでから堕ちるまでが少し早いかな?と思った。

もう少し頂点を味わってから堕ちていくと視聴者的にも感情移入しやすかったかな。

 

人間誰でも器に見合わない栄光を手に入れると壊れるんだなぁと思いました。

この映画は警察という限られた世界でしか通用しない栄光を守ろうとする心理

過去の物となってしまった栄光、多くを失ってきたにも関わらず栄光を取り戻そうとする心理

がすごい観てて面白く描かれているなと思いました。

 

(拳銃横流しのために)借金してまでノルマを達成して栄光を買い取ろうとする場面が

すごく印象的でした。でも、これは警官に限らずこんな状態に陥ってる人たくさんいるよね。

 

私の知り合いでバイトで認められてマネージャーになったからって、

毎回5時間もサービス残業してバイトなのに社員以上に責任感持っていた人が居る。

 

この作品では麻薬は怖いものだぞ!みたいなセリフがありますが

私は中途半端な栄光のが怖いと思います。

栄光やめますか?人間やめますか?

 

おわりに

 

やっぱり何が恐ろしいかってこれが実話だという可能性が高いということ。

日本を守る奴らが「日本で一番悪い奴ら」だった。

という皮肉を込めたタイトルもまた面白いなと思いました。

 

小手先で掴んだ栄光なんて長続きしないだろうから、

私は正しい道を進んでいきたいと感じる映画でした。

 

以上、映画「日本で一番悪い奴ら」の感想でした。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!