まだイケる。

今日も頭から雑記をひねり出してるよ

映画「SING」で学ぶ、夢の追いかけ方

どうも、Naonosukeです。

今回は映画「SING」について書いていくよ。

 

 

 

目次

 

 

 

映画「SING」の感想

 

面白いか、面白くないか・・・面白い!

 

身内でSINGの字幕と吹替を一気に観ようぜ!という企画があったので参加させてもらいました。

観る前までは流石に同じ映画を2回連続で観るのはしんどいだろ・・・とか思ってましたが、全然そんなことありませんでした。

 

むしろ字幕と吹替でかなり作風が変わってくるので作品なので発見がたくさんあり楽しめました。

SINGは間違いなく名作です。

もし観てないなら、是非観ることをオススメします。

 

 

「SING」で学ぶ夢の追いかけ方

 

f:id:luna_jack21:20170806105304j:plain

この映画のテーマは「」ですね。

登場する動物は皆「夢」を持っています。

 

いや、私達人間も皆夢を持っているはずです。

ですが、この世の中では夢を持つ事は現実の観ていない馬鹿者がする事という認識があります。

 

まともな人間になりたいなら現実を観ろ。

最初はしょーもない大人のたわ言だわ。とか思っていますが、段々自分も世の中に染まっていって現実的な人間になって夢を忘れてしまう。そんな人に送りたい映画がこの「SING」です。

 

 

とりあえずやってみるという事

f:id:luna_jack21:20170806105439j:plain

 

何かを始めるってすごい恐怖が付きまといますよね。

でもこの映画はその恐怖を克服する方法を教えてくれます。

それは「始めちゃうこと」です。

 

結局やるかやらないか迷っているときが一番恐怖の大きい時ですよね。

逃げたとしても、結局先延ばしなだけでいずれ同じ恐怖をまた感じることになります。

皮肉なようですが、やってしまえば結果がどう転んだとしてもその恐怖はもう感じなくて済みます。

 

これやりたい!と思ったら始めてしまうのが一番良いのかもしれません。

 

 

どん底まで落ちたら、後は上がるだけ

 

f:id:luna_jack21:20170806110627j:plain

 

この映画の心に残るセリフですね。

登場人物のほとんどは何かを失って一度落ちてから、這い上がっています。

 

何かを失った時は何かを得るチャンスと言えます。

全てを失えとは言いませんが、一度失敗したくらいでやめてしまうのはもったいない事だと思います。

失敗で一度落ちたなら、次は成功で上がるだけです。

遠くへ飛ぶなら、助走をつけようって事です。

 

 

誰かに熱意を伝えよう

 

f:id:luna_jack21:20170806111239j:plain

 

とはいえ、大切にしていたものを失った時は自信をなくして自分の言葉すら忘れてしまうかもしれません。

そんなときには仲間の存在が自分を救ってくれると思います。

 

日頃から夢を追う仲間へエールを送り続ければ、きっとあなたが落ちた時にあなたが言った同じ言葉を掛けてくれるでしょう。

 

そうすれば自分が言った夢を追う為の言葉を思い出す事ができます。

いわば、自分の言葉を仲間に預けておくといえるでしょうか。

 

与えよさらば与えられん」、好きな言葉です。

 

 

おわりに

 

可愛い動物キャラが登場する子供向けのアニメ映画と思いきや、「」を諦めるな。という私達社会に染められた大人たちに向けたメッセージも含まれた映画でした。

 

観たらどこか勇気のもらえる映画「SING」の紹介でした。

読んで頂き、ありがとうございました!