まだイケる!

スタイリッシュ雑記ブログです(多分)

映画「エクソシスト」感想 スロースターターな悪霊退散

あとで読む

どうも、Naonosukeです。

夏なので怖い映画を観たいなと思ったので

今回は映画「エクソシスト」の感想を書いていきます。

 

 

 

 

目次

 

 

 

感想

 

面白いか面白くないか・・・面白くなかった

 

まず開始から1時間40分まではつまらなかったです。

そして残り30分は面白かったです。

 

トータルで見ると私的にはつまらなかったです。

 

 

開始から140分まで

 

かんたんなあらすじ

 

  • 少女が謎の症状にかかる
  • どこの病院に行っても原因不明
  • 最後は神頼み

 

長過ぎる序盤

 

イラクのシーンから始まって、少女が悪魔に取り憑かれるシーンになっていくのですが、

とにかくテンポが悪いです。ホラー映画なのに開始から1時間経過まで何も起こりません。

長い長い会話シーンが続きます。

正直なところ、ウトウトして寝てしまいました。

 

 

1時間経ったあたりから少女に悪魔が憑いている事がわかってきます。

時々「お?」と思わせるシーンがあったりしますが、すぐに会話劇に戻ります。

 

 

ラスト30分

 

病院にかかっても原因不明ですし、最終的には神頼みになります。

現実世界ではトンデモですが、悪魔が取り憑いてるので神父が適任者という訳です。

 

神父と悪魔の戦いは見ものです。

というか面白くなるまでが遅いです。かなりのスロースターターです。

 

そして少女の演技がすごいです。

奇声上げたり、暴れだしたり、おっさんの顔にゲロぶっかけたり

とても子供とは思えない迫真の演技です。

 

今から40年も昔の映画なので当然CGもありません。

それでも全然安っぽさを感じさせずにSFを表現しているあたりは

素晴らしいなと思いました。

 

 

 家庭の問題

 

少女に悪霊が取り憑いて異常行動をするというストーリーですが、

少女の家庭は夫が不在で少々複雑なようです。

 

この映画は複雑な家庭環境に育った子供の苦しみや怒りなどを

悪魔に取り憑かれた風に表現しているのかもしれません。

 

もっと言うならば子供から父親を取り上げた自分の責任を棚に上げ

すべて悪魔に責任をなすりつける無責任な母親の姿を映しているのかもしれません。

勝手に作られた挙句、勝手に振り回される子供の復讐を悪魔で表現のかもしれませんね。

 

 

と、いうようにこの映画には考察のしがいがあるメッセージもありますが、

ムダに長い前半部分を観てたらそんなこと考える気力も無くなってしまいます。

 

 

まとめ

 

  • 最後は神頼み
  • 少女の迫真の演技は必見
  • 複雑な家庭環境を体現したストーリーかもしれない
  • テーマ曲が怖い

 

結局ラストはよくわからないまま終わります。

前半部分で疲れた私にとっちゃそんなことは対して大きな問題ではありませんでした。

 

なによりテーマ曲がとても怖く、背筋が凍る様な曲です。

よくテレビのミステリー特集などで流れるあの曲です。

この映画が元ネタだったんですね。

 

 

少女がブリッジしながら高速で移動するシーンや、

始めて悪魔になるシーンなど強烈な印象を感じるシーンは多かったのですが、

トラウマになるほどの怖さはありませんでした。

それでも不気味で奇妙な雰囲気が終始漂うそんな映画でした。

 

 

今回はこの辺で失礼致します。

読んでいただきありがとうございました!